車の下取りと買取の違いは?実際どっちがお得なの?

車を買い換えるとき、ディーラーに下取りに出すか、買取店に買い取ってもらうかのどちらかになることが多いと思います。
しかし、下取りと、買取の違いがよくわからず、ディーラーで営業マンに「頑張って高く下取りします」と言われそのまま下取りしてもらった…
高く売れると聞いて買取店に売ったけど、あとから他店ではもっと高く売れることを知り、実はをしてた…なんてこともあります。
そこで、下取りと買取の基本的な違いを説明したいと思います。

下取りとは

次の車の購入費用に査定額を充当するため、車を購入することを前提にしているので、現金が手元に残ったり、帰ってきたりするものではありません。
カーディーラーは、基本的に「イエローブック」などと呼ばれるマニュアルにしたがって車の査定額を評価しています。
なので、今自分が乗っている車が市場で人気があっても、「人気度」を査定にプラスすることはありません。
新車価格を基準に、年式、グレードごとにベースラインが設定されており、そこから、走行距離、事故履歴、外観、内装をチェックし、減点法で査定していきます。
ベテランでも、新人でも査定経験暦にかかわらず、基本的に同じ査定額が出てくる仕組みになっています。

買い取りとは

車を査定し、提示された金額と条件に折り合いが合えば、取引が成立します。
売却後はローンの支払いが残っている場合以外は基本的に現金が手元に入ります。
中古車市場で人気のある車、良く売れる車、映画や、漫画に出てきて有名な車などは、高く買い取られることもあります。
画一的に査定するディーラーの下取りとは違い、需要さえあれば値のつかないような古い年式の車も買い取ってもらえることもあります。
中古車市場での流通価格を基準に査定し、ベースラインではなく、車の人気などによりそのつど価格は変動します。
オートオークションの落札価格がおおよその基準となっており、中古車市場で高く売れる車は、オートオークション会場でみんなが欲しがる為、結果として高値で落札されるという仕組みになっています。
この落札額が買い取り専門店の査定額のベースラインとして反映されるので、下取りよりも高い査定額がつく傾向にあります。
また、中古車を海外に輸出するなど、独自の販売ルートを持っているので、ディーラーよりも高値で売ることが可能になってきます。

お得なのはどっち?

損をせず車を売るにはやはり買い取りです。
下取りの場合、どんな人気車種でも走行距離の多い車はマイナスの査定になり、値段が付かない事もありますが、買い取りの場合は人気車=売れる車なのでしっかり値段を付けて買い取ってくれるのです。
同じ車屋でも、ディーラーは新車を販売するプロですが、買い取り業者はもちろん買い取りのプロです。
車を売るならやはり、下取りよりも買い取りでしょう。

自分の車の価値を知っておこう

買い取りが得だと分かっていてもディーラーで車を買い替える際、営業マンの押しに負けて下取りに出してしまう・・・そんなことのないように自分の車の価値を知っておきましょう。
それさえ知っておけばさらりと下取りを断ることが出来ます。自分の車の価値を知って損をしない買い替えをしましょう。

 

↓↓↓↓↓↓↓

車検に通すか買い替えるか迷ったら愛車の価値を把握しよう

>>車検か買い替えかを判断するポイント<<


関連ページ

キズ・へこみは買い取り前に直したほうがいいの?
車の買い替えか車検を通すかの判断に悩んでいませんか?当サイトは、そんな判断ポイントを詳しくご紹介しています。これから、お得な車の乗り方はじめませんか?
ローンが残っていても車の買い替えは可能?
車の買い替えか車検を通すかの判断に悩んでいませんか?当サイトは、そんな判断ポイントを詳しくご紹介しています。これから、お得な車の乗り方はじめませんか?