車検費用が30万円かかる場合車を買い替える?

車検は車を維持していく中で、一番費用が掛かり頭を悩ませるものです。
ましてや30万円もの費用が掛かるとなると一大事ですよね?
30万円だったら次の車の頭金になるんじゃないか・・・そんな考えも頭に浮かんでくるはずです。
どちらが良いかしっかり考え納得のいく答えを出しましょう。

車には高額な部品も使われている

車にどれぐらいの数の部品が使われているかご存知ですか?その数は約2万個〜3万個(細かいネジなども含む)の部品が使用されております。
また一個あたりの値段が数十円の部品もあれば数十万もする部品もあります。
走行を重ねたり、年月の経過によって部品は消耗して行くのですが、それぞれ交換するタイミングが違い走行距離や車齢によって大きく変わってくるのです。

高額な車検費用になる原因

高額な車検費用の原因・・・。
それは「過走行」(走行距離が10万qを超えた車)や「高車齢」(初年度登録からの経過年数)です。
過走行と高車齢の車は、部品の消耗や劣化が進行し点検箇所と交換部品ともに増加してしまいます。
しかも、状況によっては駆動部やエンジン内の汚れにより動作不良などが発生する可能性もある為、各所の洗浄も行わなければならなくなり車検費用が高額になることが多いです。
さらに、交換時期の先送りなどにより部品の交換時期が一気に来る為、こちらも車検費用が高額になってしまします。

車検を受けても壊れないとは限らない

車検を受けたからといって次の車検まで故障しない保証はありません。
万が一車検後に部品の破損等が起きた場合、さらに費用が掛かってしまいます。
残念ながら「30万円も払って修理したから大丈夫」といった保証がないため走行距離と車齢を重ねる毎に不安材料が増えていってしまします。

 

さらに、故障するリスクが高くなる一方なので、不安な気持ちのまま同じ車に乗り続けるのは正直気が気ではありません。
車検費用が高額だった場合、まずは自分の車を査定に出し買い取り価格を知りましょう。
出た金額に納得いけば、車を買い替えた方が損をせず安心して車に乗ることが出来ます。

 

関連ページ

車検切れの車を運転した際の違反とは?
車の買い替えか車検を通すかの判断に悩んでいませんか?当サイトは、そんな判断ポイントを詳しくご紹介しています。これから、お得な車の乗り方はじめませんか?